京橋消防団第二分団の歩み



                   京橋・八重洲の由来について・・・

京橋の名の由来は、江戸から京へ向かう時に、日本橋から出発して最初に渡る橋だったからという説と、東海道の終点の京都三条大橋に似ているからという説がある。八重洲の名は、慶長年間に漂着したオランダの航海士ヤン・ヨーステンが徳川家康から、この地を拝領したことにちなんで呼ばれたのが起源とされている。

「明暦の大火(1657)」後、江戸が見事に復興した寛文のころから、水運と大通りに面しているなどの立地条件に恵まれた京橋川(現在の東京高速道路会社線下)の京橋ぎわには、青物を扱う人々が集まり、次第に盛大な青物市場が形成されていった。俗称、大根河岸と言われ、河岸に積み上げられた大根が白い花の咲いたように見えたと言う。この市場は、大正12年(1923)の関東大震災で大きな被害を受けたが、その後見事に復興、当時問屋68軒、仲買106人といった盛大な市場であったという。

しかし、銀座がハイカラな町として発展するにつれ、銀座入口の京橋ぎわには、青物市場があることが衛生上、美観上たびたび問題視されるようになった。昭和10年(1935)2月に中央市場法の施工により築地に中央市場が開設され、江戸、明治、大正と続いた京橋の市場も築地に移り、その姿を消していった。これより先昭和5年(1930)3月には防火帯避難道路的性格をもつ幹線道路としての昭和通りが完成し、地域の景観が大いに改まり、また戦後ビルが林立するようになって、一大ビジネス街に変貌していった。

八重洲地区は、昭和4年東京駅八重洲口が開設されたことに端を発し、戦後大丸東京店が開店して、にはかに中央区の表玄関として脚光を浴びるようになった。
さらに東京オリンピックを境にビル建設ラッシュが続き、昭和44年八重洲地下街が完成し、新しいショッピング街として発展を遂げている。
(京橋消防団の案内から抜粋)


消防団の歴史


◆戦前(明治・大正・昭和)

  大名火消し  明治以前  ◆い・ろ・は組・・・・
 
  町火消し   明治元年(1968年)  

  消防組    明治 5年 (1872年)
             ◆町火消しから改称 「い・ろ・は組」なくなる。


 京橋防護団  昭和12年(1937年)〜15年 
             ◆
防空法の公布と同時に「消防組」とは別に組織される。
 
 
京橋警防団  昭和15年(1940年)〜22年(1947年) 

◆戦後


 京橋消防団  昭和22年(1947年)10月
              ◆京橋消防団に改組・8個分団・387名
            昭和44年(1967年)
              ◆7分団・15名体制の改組・・・現在に至る。


 ◆第二分団も昭和22年(1947年)に「京橋警防団」から「京橋消防団第二分団」と改組


歴代分団長


 初 代   矢 澤 駒 男
 二 代   丸 山 友 衛
 三 代   町 田 幸 雄
 四 代   河 内 斤 二
 五 代   平 井 昇
 六 代   丸 山 嘉 一 郎
 七 代   石 川 重 成
 八 代   関 口 仙 太 郎
 九 代   館   宏
 十 代   大 津 富 士 男
 十一代   深 山 健 一
 十二代

八重洲・京橋地区の主な火災発生状況
火災発生日 火災現場 状況
昭24年4月29日  東京駅  槇町1丁目に飛火
昭  年 月  日  京橋3丁目
   フイルムセンター
 全焼
   年 月  日

   年 月  日

   年 月  日

   年 月  日

 
  HP